その他

モデルナワクチンの副反応や事務所移転など

今月は落ち着いているような落ち着いていないような月ですが、来月にオフィスの移転を予定しているため、結局落ち着かない日々を過ごしています。というわけで、時間もないため、ワクチン体験談と移転をメインに書いていきたいと思います。

モデルナワクチンの副反応について

1回目の接種は、7月16日。このときは、肩のあたりが痛く、腕を上げるのが辛いという副反応のみでした。また、注射したときの痛みは「え?本当に刺したの?」というぐらい皆無。

2回目の接種は、およそ1か月後の8月13日。医療・介護関係のお客さんで既に接種を済ませた方々から副反応の状況を聞いていました。ですので、2回目については副反応から逃れることはまず無理だろうという予測のもと、準備をしておきました。

【用意したもの】

・解熱剤(薬局でカロナールが売り切れていたため、ロキソニンSプラス)

・氷枕(38度後半のときには氷枕があると快適です)

・ウィダーinゼリー(食欲ないときにはもってこい)

・お好みのアイス(食欲がないときにはもってこい その2)

 

【副反応の経過】

8/13 18:45 会場にて接種
8/14 深夜 寝返りしたときに肩が痛くて目が覚める
7:00 肩が痛い以外は平熱(36.5前後)
9:00 37.2

足が冷たいことに気づく

11:00 37.3

倦怠感、手足が冷たい。食欲なし

13:08 38.2

少し辛くなる

14:00 解熱剤を服用
15:00 38.9

手足の冷たさはなくなる(熱が出たから?)

15:50 37.7

解熱剤が効いて少し楽になる

18:00 37.5

一般の風邪と何が違うかというと、咳や鼻の症状がないということ(※)。それがないだけでもすごく楽。また、熱でもあまり体力が削られていないせいか寝込む時間はかなり少ないという感じ。食欲はなし。

※私のまわりには副反応が結構強く出たという方も多いため、油断大敵です。

22:00 2回目の解熱剤を服用
8/15 3:30 36.5
7:10 36.7

倦怠感はあり。食欲が戻る

9:00 37.2

倦怠感あり

11:30 解熱剤を服用
12:00 37.4
就寝まで 37.0前後が続く

倦怠感は少し残る。食欲あり

8/16 6:00 36.5

倦怠感もなし

12時前後 36.5

喉に違和感あり。少しだるさを感じる

モデルナアームがスタート。熱を持っていて熱く、痒みもあり

8/19 36.5

モデルナアームもほぼなくなる。

こびナビなどの体験談を見ていくと、接種の翌々日には軽快している人も多いので、3日目も続くと少しだけ不安にはなりましたが、4日目にはほぼ症状はなくなりました。これから接種する方の参考になれば幸いです。

 

オフィス移転について

9月6日から新たな場所で業務をスタートします。

移転先は、同じ杉並区で、雰囲気のよい商店街(阿佐谷パールセンター)がある阿佐谷南1丁目です。

【移転先】〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1ー16-11 

                   洞口(ほらぐち)ビル4F

【最寄駅】地下鉄丸ノ内線南阿佐ケ谷駅 徒歩3分

     JR中央線阿佐ヶ谷駅 徒歩6分

【業務開始日】2021年9月6日(月曜)より

【電話番号】変わります。9月以降、ホームページでご案内します。

今の事務所は教会通り商店街にあります。この事務所は自宅兼事務所から脱出し、はじめて借りた事務所なので、思い入れもありますが、来年1名の入社が無事に決まったため、前倒しで引っ越しをすることにしました。今度の事務所も荻窪と同じく、JRと地下鉄丸ノ内線が使えるので利便性に変わりはないかと思います。

移転は、家賃が・・・諸経費が・・・(重くのしかかる)ということもありますが、職員の気分も変わりますし、先行投資だ!と心を落ち着かせています。頑張ります。

 

新型コロナに感染した場合の対応について

最近、以前より陽性者や濃厚接触者になったというご連絡をお客さまよりいただくことが多くなっています。社会保険に加入している陽性者なら、傷病手当金を利用すれば良いのですが、これもまた組合健保によって取り扱いが異なるので、慎重に進める必要がありますね。

直近でもITけんぽに問い合わせることがありましたが、協会けんぽの取り扱いより厳しいという印象を持ちました。保健所やかかりつけ医などで受診をしていれば、あとあと問題になる(受給できない)ということはないと思いますが、自宅療養のみの場合の取り扱いは慎重に対応する必要があるかと思います。

ではでは。

ABOUT ME
社会保険労務士 養父(ようふ) 真介
福岡生まれ大阪育ち、東京都杉並区在住。◆大学在学中の1998年に社労士資格を取得。◆コネなし・経験なし・僅かな資金で2008年に独立。◆2010年に「人の問題解決」に必要な根幹技術となる「アセスメントセンター」という「能力診断技法」と出会い、数百時間にも及ぶ「人を見極める」という機会を得て、多くの組織が抱える悩みの根源を知る。◆その後、その知見を活かし、クライアントの組織で発生するさまざまな「人の問題」への対応方法について具体的な解決手段を提示し、組織を健全に保つ手助けを生業としている。◆社会保険労務士法人法人Noppo社労士事務所 TEL:03-6454ー6084 ※お電話の場合、まず職員が対応しますので、「ブログを見て問い合わせた」とお声がけ頂けるとスムーズです。