サービス

人事労務の専門家に日ごろの疑問や悩みをぶつけてみませんか?

私が代表をしているNoppo社労士事務所は、介護福祉業界のお客様が多いため、起業支援比率が高めだと思います。というのも、ひとりケアマネ事業所を除く介護福祉サービスや訪問看護サービスは開業当初から社員を雇う必要があるからです。

ただ、一般的に、それ以外の業界については、数年前とは意識も大きく変わってきているとものの、それでもまだ起業時から社労士と顧問契約をするという例は少ないでしょう。従業員をひとりも雇用しないなら尚更ですよね。

しかし、起業してから数年が経過し、売上も順調に伸び、人を採用してマネジメントをしていると、きっとさまざまな疑問や悩みを抱えているのではないでしょうか?

社会保険や労働保険などの手続きに関しては、年金事務所に聞いたり、ハローワークに聞いたり、労基法関連については労基署に聞いたりすることで、ある程度の解決は図ることはできるとは思います。

ただ、何かしらモヤモヤしたものが残っていませんか・・?

私自身も経験があるから分かることなのですが、結局、行政に聞いて確認したとしても、それを自社に当てはめて「本当に正しいのか?」というと、結局、自分で判断しなければならない部分が多いんですよね。

そうなると中々、確証が得られず、「大丈夫なのかもしれないけど、イマイチすっきりしないな…」という状態になるのだと思います。

とはいえ、本当に問題がないなら良いのですが、行政に確認したときの前提の伝え方が不適切であったり、窓口の方が正確に前提を確認していなかったり、そもそもの認識に誤りがあって、質問そのものが的を射ていなかったりと、本当に問題がないとは言えない可能性があるから、イマイチすっきりしない不安を抱えているのだと思います。

というわけで、Noppoでは、起業後数年を経過し、数名の採用をしている経営者に限定して、スポットの労務相談サービスをはじめます。

ただ、繁忙期であるため、6月~7月は各月2社、8月~12月は各月3社限定とさせて下さい。
➡6月は残り1社です。

価格は、2時間以下 30,000円

もちろん、お忙しい方は、聞きたいことを聞いてもらって、1時間で切り上げてもらっても構いません。ご希望の方は、「お問い合わせ」からご連絡ください。

ABOUT ME
社会保険労務士 養父(ようふ) 真介
福岡生まれ大阪育ち、東京都杉並区在住。◆大学3回(年)生の1998年に社労士資格を独学で取得。◆コネなし・経験なし・僅かな資金で2008年に独立。◆2009年より介護福祉業界に注力。◆2010年に「人の問題解決」に必要な根幹技術となる「アセスメントセンター」という「能力診断技法」と出会い、数百時間にも及ぶ「人を見極める」という機会を得て、多くの組織が抱える悩みの根源を知る。◆その後、その知見を活かし、クライアントの組織で発生するさまざまな「人の問題」への対応方法について具体的な解決手段を提示し、組織を健全に保つ手助けを生業としている。◆社会保険労務士法人法人Noppo社労士事務所 TEL:03-6454ー6083 ※お電話の場合、まず職員が対応しますので、「ブログを見て問い合わせた」とお声がけ頂けるとスムーズです。