介護

介護職員処遇改善支援補助金について

新年初回のブログは、「介護職員処遇改善支援補助金」についてお伝えします。

現段階では、行政へ連絡しても「まだ何もわからない」という状態なので、ひとまず、厚労省から詳細がおりてくるまで待つしかありません。改正関係がギリギリなのは毎度のことですね・・。

介護職員処遇改善支援補助金は、「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」として、介護職員を対象に賃金引上げを目的とする補助金です。ただ、今回は「他の職員」の賃金引上げにこの補助金を充てることができるような柔軟な運用も認められています。

収入を3%(月額9,000円)引き上げるための措置という表現が使われていますが、過去と同様に、実際はサービスや売上によって交付される補助金額が変わるため、一人月額9,000円の賃金改善を確実にできるというわけではありません。この点は、「期待を裏切られた」と思う事業者の方も多いかもしれませんね・・。それでは現時点での案をみていきましょう。

【対象事業】

介護保険事業
※障害福祉事業においては、現段階では支給対象となっていないようですが、大臣折衝事項を読む限り、恐らく同様の措置が取られると思います。

【対象外事業】

訪問看護、訪問リハ、福祉用具貸与、居宅療養管理指導、居宅介護支援、介護予防支援は、介護職員処遇改善加算の対象外となっているのと同様に対象外です。

【対象職種】

介護職員+その他の職員
該当サービスに所属する作業療法士や機能訓練指導員などの職員も対象とできる見込みです。詳細については、実施要綱を待ちましょう。

【いくらもらえるのか?】

総報酬※ × 交付率(以下)で算出できます。
※総報酬となっていますが、処遇改善加算は除くことになるかと思います。

【交付率】

交付率は以下のとおりです。詳細は表をご覧ください。
訪問介護             2.1%
通所介護(デイサービス)     1.0%
地域密着型通所介護(小規模デイ) 1.0%
グループホーム(GH)          2.0%
小規模多機能型居宅介護      1.6%
看護小規模多機能型居宅介護    1.6%
介護老人福祉施設(特養)       1.4%

【適用期間】

令和4年2月~令和4年9月までの8か月間
※令和4年10月以降は、「調整・検討」となっていますが、同様の制度が継続されるはずです。

【要件について】

その1

令和4年2・3月(令和3年度中)から実際に賃上げを行っていること、かつ、処遇改善加算Ⅰ~Ⅲのいずれかを取得していること
➡まだⅠ~Ⅲを取得していない該当事業所の場合、1月中に届け出をすれば、令和4年3月からは適用されることになりますので、希望する場合は急ぎましょう!

その2

補助額の2/3以上は、介護職員等の基本給毎月支給する手当に使用すること

その3

(その2)の支給に伴う就業規則(賃金規程)等の変更を行うこと
※例外として、令和4年2月~3月分は「一時金による支給が可能」とされています。
➡末締め翌月支払いの会社であれば、2月支払いの給与は、1月分の給与となるので、2月に基本給や手当で支払う・・なんてことは未だに概要しか分かっていない状況では現実的には無理なので、この点は配慮されているようです。

※介護職員等特定処遇改善加算のようにグループ分けをした上で配分するといったルールは示されていません。

【支給例】

(例)総報酬300万のデイサービス(交付率1%)なら
①300万×1%=3万円 × 2/3 =20,000円 ➡ 基本給や手当で支給
②300万×1%=3万円 ×   1/3 =10,000円 ➡ 一時金で支給
という感じです。
前述のとおり、令和4年2・3月分については一時金による支給が可能です。
①の手当ついては、多くの事業所で賃金規程などに「処遇改善手当」などの項目を規定化していると思いますので、令和4年4月以降にどのように配分するかを少しでも余裕のある今のうちに検討することをお勧めします。

【申請の流れ】

令和4年2月 賃上げを実施した旨を記載した用紙を都道府県に提出
       ※令和4年1月7日時点では様式について全く不明です。
令和4年4月 処遇改善加算計画書を提出予定
令和4年6月 補助金の入金がスタート(2月~4月分より)
実績報告書の提出(令和4年2月~9月分?)

さいごに

介護職員処遇改善交付金
介護職員処遇改善加算
介護職員等特定処遇改善加算
そして、介護職員処遇改善支援補助金・・・

交付金時代からずっとこの加算を見守り続けていますが、事務の簡素化どころか、ますます複雑になっていますよね。特定処遇改善加算は規模が大きい事業所ほど本当に大変だと思います。もうシンプルに「介護職員処遇改善加算」に付加する形にできないのか・・。事務にかける負担が重くなっていることを鑑みて、支援補助金については、無理のないシンプルな手続きになることを祈るばかりです。

あとは、詳細が公表されるのを待ちましょう!

ABOUT ME
社会保険労務士 養父(ようふ) 真介
福岡生まれ大阪育ち、東京都杉並区在住。◆大学在学中の1998年に社労士資格を取得。◆コネなし・経験なし・僅かな資金で2008年に独立。◆2010年に「人の問題解決」に必要な根幹技術となる「アセスメントセンター」という「能力診断技法」と出会い、数百時間にも及ぶ「人を見極める」という機会を得て、多くの組織が抱える悩みの根源を知る。◆その後、その知見を活かし、クライアントの組織で発生するさまざまな「人の問題」への対応方法について具体的な解決手段を提示し、組織を健全に保つ手助けを生業としている。◆社会保険労務士法人法人Noppo社労士事務所 TEL:03-6454ー6083 ※お電話の場合、まず職員が対応しますので、「ブログを見て問い合わせた」とお声がけ頂けるとスムーズです。
こちらの記事もおすすめ!
介護

小さい事業所のための介護職員等特定処遇改善加算シンプル解説~介護福祉士資格をもつ勤続10年以上の職員がいなくても算定できるのか?~

2019年8月13日
のっぽ社労士公式ブログ
介護職員等特定処遇改善加算について、いろいろと耳には入ってはくるものの、ハードルの高さを誤解し、「うちは算定できなさそうだから・・」と半ば諦 …